お仕事紹介

せとうち広告で施工した看板などのご紹介です。


Tシャツプリント ラバー転写

今回は弊社の定番プリント方法、ラバー転写プリントの紹介をさせて頂きます。

今正に、お祭やイベントシーズン到来という事で、現在工場はフル回転中です!
tt130921-1
という事で、今週出来上がったコチラのTシャツでラバー転写印刷がどんなものか解説していきます。

ラバー転写はコチラのシートを熱と圧力でTシャツに転写します。
tt130921-2


これはどうやって出来ているかというと・・・・

カッティングマシーンでメディアをカットし
tt130921-3

手作業で印刷に必要ない部分を取り除いていきます。
tt130921-4

そしてフルカラー印刷の時と同じようにプレス機で熱と圧力をかけます。
tt130913-5

できあがりです。
tt130921-5

ラバー転写の利点は色の発色と印刷のエッジが綺麗に出ます。
また、一つの印刷データで幅広いTシャツサイズに合わせたプリントが可能です。
一度印刷データをつくれば、大人から子供までTシャツに合わせたプリントが可能ですので、イベントTシャツなどに最適です。

Posted on 2013年09月21日 17時17分

Tシャツプリント フルカラー印刷

浮島小学校さまご注文のTシャツが丁度出来上がっていました。
tt130913-1

こちらのTシャツはフルカラー印刷でプリントしています。
tt130913-2
丁度、工場で別のフルカラープリントをしていたので、印刷方法の簡単なご紹介をさせていただきます。

フルカラー印刷は業務用インクジェットプリンタで印刷したイラストをTシャツに熱転写しています。
ご家庭のプリンタとアイロンを利用してプリントTシャツを作った事がある方なら、それの業務用版だと思っていただければと思います。
tt130913-3
業務用プリンタで出力した熱転写前のイラストです。
表面にアプリケーションシート(剥離紙)を貼っているため白くなっています。

tt130913-4
イラストをTシャツにセットして
tt130913-5
プレス機で熱と圧力をかけてイラストをTシャツにプリントします。
tt130913-6
熱がなくなってからアプリケーションシートを剥がすと印刷完了です。

tt130913-7
仕上がりはこんな感じです。
一般的にシルク印刷やラバー転写プリントでは、色数が増えると印刷回数も増えてしまう為、どうしてもお値段が高くなってしまいます。
多数の色を印刷する場合やグラデーションのかかったイラストや写真などのプリントをする場合は、フルカラー印刷がオススメです。

Posted on 2013年09月13日 15時15分

カッティングシート加工

文字やロゴなどの形に切ったシートを貼り付ける方法です。
店舗の看板やガラス窓、社用車の社名入れなど、幅広く使われてる方法です。
せとうち広告ではカッティングシート作製から貼り付けまでを行っており。
オンラインでもカッティングシートの販売をしています。
T-timeでカッティングシートを買う


◆施工事例◆
コチラの写真の施工をしているのは千葉純一さんです。
千葉さんは「第22回技能グランプリ 粘着シート仕上げ広告美術部門 全国第3位」になった事のある全国でも指折りの職人さんです。
また、第21回技能グランプリでは「ペイント仕上げ広告美術部門」にて見事1位に輝いています。
T-timeでは千葉さんの筆文字でつくる漢字Tシャツも販売しています。

豆庵さんの店舗看板の施工です。
左の真っ白の看板にシート加工をして左のようにします。


こちらが貼り付けるカッティングシートです。
プロッターでカットしたシートにリタックシートを貼っています。


割りをとってシートを配置しています


シートを貼り付けてリタックを剥がします


完成です。

Posted on 2013年04月15日 18時07分